専門的な仕事をする人のそばにいて補佐を行うこと

事務系のサポート系職種

事務系の職種の中でも、仕事をする人のそばに付き添いサポートする職種として有名と言えるものが、秘書です。経営者や役員などの幹部をサポートするための企業秘書と言われる人が、一般的な秘書ととして知られています。弁護士などにつきそう法律秘書や、医師や看護師などを支える医療秘書など、様々な種類があります。社内外の人との連絡や来客の対応、スケジュールの管理の他、様々な文書の作成が主な仕事となっています。また、会議やパーティの準備を行うこともあり、会社内部では補佐役としての役割を果たします。

数多くの業務を同時進行で処理する場面が登場しますが、その場面において、常に落ち着いて対処する能力を常に求められる業種の一つと言えます。

秘書になるためのスキルとは

秘書になるために必要な資格は特にないものの、仕事の範囲がかなり広いため、広いスキルを要求されます。具体的には正しい敬語を使えるほどのコミュニケーションスキルに加え、文書作成に必要なパソコンスキルがあります。秘書技能検定やビジネス実務マナー検定等の資格を持っていると、秘書への就職時に有利となります。さらに、ビジネスで通用する英会話等の語学力や、上司の仕事状況に応じて臨機応変に対応できる能力も求められます。

事務系における専門職の一つですが、幅広い業種の会社において、多くの求人があります。ただし、そのほとんどが派遣や契約社員としての募集であり、正社員としての募集はかなり限られてくることに注意します。

仕事のスケジュール調整などをしてもらいたいとき、正社員の秘書を雇うほどではないときなど、秘書の派遣が大変便利です