工場の求人は電話面接が多い!その内容と受かるコツについて

工場求人の電話面接はどのような感じなのか

工場の求人に応募した際、一人一人と面接をしている時間がないという大きな企業では電話のみでの面接が行われることがあります。
電話面接は通常の面接で聞かれるような内容をそのまま電話口でやり取りをするという感じではありますが、全て言葉のみでのやり取りとなる点が大きな特徴です。そのため身振り手振りで内容を伝えることができないのはもちろん、見た目の第一印象でよい印象を与えるなどの通常の面接では効果的な手段が使えません。

また電話面接はそこまで長い時間やり取りをするわけではないため、スムーズに回答していかなければコミュニケーション能力不足と判定されてしまいがちです。このように通常の面接と比較すると企業側の判断基準が限定されているので、面接を受ける側としてもある程度の対策が必要とされています。

電話での面接に受かるためのコツとは

電話面接に合格するためには、はきはきと元気よく話をすることが大切です。電話口でのやり取りなので小さな声だと相手が聞き取りにくいですし、滑舌が良くなければ印象も悪くなりがちだと言います。
ほかにも質問された内容に対して長々と話すのではなく、端的に説明できるようにする能力も求められています。特に転職に関する質問や何故工場の仕事がしたいのかという志望動機、自己アピールに関しては質問をされる可能性が高いため、事前に内容をまとめておくことがおすすめだとされています。
あとは顔を見られないということで本音が出やすいところが電話面接の注意点なので、その点を理解した上で面接に臨むことも必要です。

新潟の工場の求人は地域が持つイメージから精米に関係するものが多いと思われがちです。実際は新潟県に進出している精密機器や自動車部品の製造メーカーが出す求人が多数を占めます。