あなたは知ってた?薬剤師はこんなにすごい!

こんなところでも活躍している薬剤師の存在

一般的な薬剤師のイメージは、病院やクリニックに併設されている調剤薬局で患者さんに薬の説明をしている薬剤師ではないでしょうか。

その場合の薬剤師の主な役割は、医師が出した処方せんに基づいて薬の調剤をしたり、服薬指導を行うことです。

実は、薬剤師の仕事内容は務めている職場や職種によっては大きく異なります。

薬剤師は、病院等の医療機関のみならず、製薬会社で医薬品の研究や開発を行ったり、麻薬取締官や保健所などの様々な分野でも活躍しています。

薬剤師になるにはどうしたらよいのか

薬剤師になるには、6年制課程の薬学部を卒業し、薬剤師国家試験に合格する必要があります。その後、薬剤師名簿に登録申請し、名簿登録をします。そこではじめて薬剤師免許証が交付され、薬剤師として働くことができるようになります。

フレキシブルな働き方ができる薬剤師の魅力

薬剤師には常勤薬剤師以外にも多様な働き方ができます。

特に、非常勤薬剤師はワークライフバランスを重視したいと考えている方にはとても適した働き方です。

パート薬剤師の求人は募集をしているところが多いですから、その中でも自分に合った求人を見つけやすいです。

時給も他の職種に比べると、高時給の職場が多く、また希望に合った勤務時間や勤務曜日などの好条件で働くことができます。

そのため、結婚や子育てなどでライフスタイルが変わった場合でも、仕事を続けやすいです。

さらに定年した後も働きたい場合には、パート薬剤師として働き続けることもできますし、開業して自分の薬局を開くことも可能です。

薬剤師 シニア 求人を探している人は少なくありません。定年後でも健康で資格を活かした仕事がしたいと思う人がいます。